恐竜になりたい末男

今、家には段ボールが山ほどある。

先日のベッドが梱包されていたもの。

それを末男が背中に乗せて、

「恐竜だー!」と叫んでいるが、

背中の段ボールが、ずり落ちて、うまくいかない。


ごそごそしてると思ったら、

なにやら細工を施していた。

f0088647_10102079.jpg


恐竜の着ぐるみを作ろうとしているのだが、

穴が小さくて、穴の場所も微妙にずれていて、なかなか手足が出ない。

次子に助けられて、やっと着ることができた。

f0088647_10125495.jpg



こんな風にしたかったらしい。

f0088647_10133954.jpg



端から見れば、お間抜けな姿なのだが、本人はまじめにやっている。

かっこいいと思っているようだ。

この後、「しっぽがいる」と言って、続きを作っていたが、

帰宅した夫に、ゴミ扱いされて、あわてて、自分の部屋へ持ってあがった。

どうするんだろう?
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/4767875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by applemint at 2007-03-06 11:01 x
段ボールや不要なシーツや木切れで
遊ぶ事ってとても素晴らしいと思います!!
息子達が小さい頃段ボールで子供サイズの
家を作って窓も屋根もドアも開閉できるようにして
クリップ式のライトもつけたりして遊んでました。(私も^^;)
自由な発想と創造力のある末男君!すばらしい~!将来が
楽しみですね♪ 
senbeさんちの床の素材は何ですか?すご~くいいかんじ~♪
こう言うぬくもりのある床に憧れます(^^)
Commented by senbe-2 at 2007-03-06 12:50
applemintさん、
自分で考えて、手を使ってものを作る。生きていく上での基本ですよね。
上の作品は、そんなにほめられるような代物ではないのですが。

床は檜です。自然乾燥の板で、隙間にゴミがたまって、ほうきで掃けないのが難点です。人工的に乾燥させたものはフローリングの様にきちっと揃うらしいです。節がたくさんあり、穴も開きます。たくさん修理してもらいましたが、今でも、ちょこちょこ節が抜け落ちます。
シミもつくし、色ははげるし、板は反って、こすられ傷もいっぱい。でも、それも味かなと、経年変化を楽しんでます。
Commented by ともも at 2007-03-06 16:09 x
恐竜万歳!かわいい!
Commented by hitochanone at 2007-03-06 18:40
笑えます!息子君。
男の子って無邪気でほんとかわいいですね~。
こういう姿を見るとうちも男の子のカラーがあればなあって
思います。
ダンボールってたためるし、落書きも出来て子供にはいいおもちゃ
になりますよね!
Commented by senbe-2 at 2007-03-06 22:15
とももちゃん、
久しぶり!天候が不安定だから、体調崩してないかな?

末男にとって、恐竜は最高にかっこいい生き物の様です。
なりきれるのは、子供の特権ですね。
Commented by senbe-2 at 2007-03-06 22:20
hitochanoneさん、
うちも2番目までは、hitoちゃんと同じような女の子二人姉妹でした。
あの頃は、可愛かったなーって思いますよ。汚い言葉でののしることもなく、とっても上品におしゃべりしてたのよ。それが今では・・・・。
女の子二人で、優しく育つのも悪くないですよー。

ダンボール、ありすぎて困ってます。次の収集は5月なんです。(泣)
by senbe-2 | 2007-03-06 10:18 | 遊び | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧