注意散漫親子

家族で米村でんじろうさんのサイエンスショーを見に行った。

夫は仕事帰り、子供と私が現地で合流。

すごくおもしろくて、2階席だったにもかかわらず、

子供たちも私も舞台に釘付けで楽しんだ。

ショーの終盤で、何十個もの大きな風船が会場に放たれ、

みんなで弾ませ、力を体感し、楽しんだ。私も思わず参加。

これが、後に、事件へとつながる事になる。


会場を出て、今日の夕飯を家で食べるか、回転寿司にするか、

ファミリーレストランにするか、お好み焼きにするか、意見が分かれたので、

じゃんけんで、回転寿司に決定。


100円均一のお皿を高く積み上げ、全員が満足したので、おひらき。

自宅まで40分ぐらいの、ちょうど中程にあるレンタルビデオやさんに寄った時、

携帯電話がないことに気づく。

回転寿司やさんに電話するが見つからず。

サイエンスショーの会場に電話し、座席を詳しく説明するがが見つからず。

ショーが始まる前に携帯電話をマナーモードに設定していたので、

コールしても、音が出ないので、見つけることができない。

主催者が忘れ物を持ち帰ったらしいが、主催者の事務所に

電話はつながらない。すでに、6時をまわっていた。


夫と子供たちは、先に家路に。

私一人、ショーのあったホールへ逆戻り。

途中、携帯電話ショップに立ち寄り、回線停止を申し込むが、

契約者が夫だったため、できず。

電話で、夫になりすまし、回線停止を試みたが、

電話が混雑していて、手続きは断念。


とぼとぼと、ホールに到着。

担当者も、「ありませんでしたよ」といいながら、

会場を開け、照明を付けて、案内してくださった。

私が2階へ上がろうとすると、

担当者が、「3階ですか?」という。

・・・・・。

「もしかしたら、あるかもしれない。」

私の期待が一気にふくらむ。

2階というのは、通常、1階席の後ろ半分を指すのだという。

私が座っていたのは、3階席だったのだ。

一目散に、さっきの席へ。

「あった!」

跳ね上げシートの真下。1列後ろの席の足下に、

私の携帯が落ちていた。

あの、風船とばしの際に、落ちたに違いない。


何度も何度も、ホールの方にお礼を述べ、

ほっとした気持ちで、家路を急いだ。

回転寿司やで、長子がデザートを欲しがっていたことを思い出し、

心配をかけたお礼のつもりで、

スーパーでちょっとしたケーキ(私以外の家族分)を買い、

家で、お茶でも飲みながら、ゆっくりしようと思った。


ここで、話は終わるはず。

でも、タイトルは、「注意散漫親子」なのだ。

これでは子供の分がない。


帰宅後、いろいろ片づけをしながら、

長子に預けていた自宅の鍵を元の場所に戻すように言ったら、

長子が、「さっき、お寿司屋さんでお母さんに返さなかったっけ。」と言う。

鍵は長子のお財布に私が入れたのだ。

デザートを反対されて、自分で買おうと思った長子は、

お財布をあけ、邪魔な鍵を出したらしい。

「それから、その鍵をどうしたの?」と、訪ねても、

「わからへん。」


再び、回転寿司屋に電話をする。

「ありますよ。」


仕方がない、もう一度、片道40分のドライブだ。

今日3回目のドライブ。

ケーキもお茶も、それどころではない。

長子をのせて、いざ、出発。

車の中で、長子に、向こう1週間の皿洗いを約束させた。

そうでもしなけりゃ、私の疲れが、いやされない。

回転寿司やさんの、お兄ちゃんに深々と頭を下げて、

家路を急いだ。

「お母さん、とばしすぎ。」と言われても、

「早く、休みたいのよ。」としか言えなかった。


長子と私、どちらも注意散漫。

家族にばかにされ、1往復でよかった所を、

不注意の為に3往復することになった。

あーつかれた。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/3905437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shmup at 2006-11-27 19:09
おつかれさまー。
読んでる方もつかれたよ。(笑)
でもどっちもみつかってほんとによかったね。
鍵も携帯もないと困るものだし、それにだれかの手に渡ってもまた困るものだしね。
あめちゃん落とした...とかなら全然平気なんだけどね。(笑)
Commented by applemint_peko at 2006-11-27 21:29
楽しいサイエンスショーとお寿司がどこかへ飛んでしまう
ハプニングでしたね~(><) でも見つかってよかったですね!
携帯と鍵ってとても大事なものですものね~(^^)
たまにはそんなこともありますよね~
senbeさん、長子ちゃんの日ごろの行いが良いから
なくならずに出てきたのでしょうね(^^)



by senbe-2 | 2006-11-26 23:36 | 生活 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧