夕立

土曜の夕方、雷が鳴り始めて、子供たちのソフトボールの練習が中止になった。



父親(子供たちの)が、仕事から帰ってきた。



早速、次子が、ゲームしようと父親を誘う。

乗り気でない父親。

そんな様子を全く気にせず、四目並べや、百人一首を出してきて、

父親を強引に巻き込もうとする次子。

結局、次子の笑顔に負けて、始める二人。



二人のやりとりに全く関心をよせない長子は、隣で扇風機に当たりながら

一人コミックを読んでいる。



「アーーー!」という父親のおたけび。「そこに入れたらあかんかったんや。」

「やったー!」と次子。どうやら次子が四目並べに勝ったらしい。



土砂降りの中、末男がお隣から帰宅。

坊主めくりを始めた二人に合流。



父親は、借りてきたCDをかけ、柿の種を食べながらビールを飲んでいる。

もちろん坊主めくりにも参加中。

時々わき起こる、叫び声や、笑い声。

この時間だけは、父親も子供たちと対等。



私は、そろそろ夕飯作り。


夕立が運んでくれた家族の時間。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/2808434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by senbe-2 | 2006-07-15 17:27 | 生活 | Trackback | Comments(0)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧