夢はパティシエ

長子がスーパーでシンプルなビスケットを買っていた。

家に帰って、「お母さん、クリームチーズある?」

        「お母さん、生クリームある?」

        「お母さん、レモンある?」

はい、全部揃っております。

図書館で借りてきた本を見ながら、レアチーズケーキを作るつもりらしい。

私は、ベイクトなら好きだけど、レアはあんまりなんよね。

と言っても、頭の中にはレアチーズケーキしかない模様。


アッという間に作ってた。

f0088647_1305784.jpg



翌日、家族に切り分けてくれたが、食べきったのは本人と気を遣った末男だけ。

味は悪くない。でも、甘くって、こってりしてて、やっぱりレアチーズケーキは

私には向いてなかった。


次の日、長子が言う、「そんなに甘すぎた?」

砂糖を減らして、また作るつもりなのか?

そうだ、長子、こんな事でへこたれてはいけない。

見た目はかわいかったし、小学生で、誰の力も借りずに作ったのだから、

自信を持っていいのだ。

みんなにおいしいと言ってもらえるお菓子を作れるように、

チャレンジあるのみ!
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/2777357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shmup at 2006-07-12 17:56
あたしも焼いてある方がすき。
生は、ムースとかもそうやけど、ちょっと重たいよね。
末男くん、気いつこうた...ってかわいいなぁ。(笑)
料理、とくにお菓子作りなんかは、なんか実験みたいやし、たのしいよね。
がんばってるなぁ。
Commented by senbe-2 at 2006-07-12 21:57
末男はもともと辛党だから、ケーキより柿の種、スナック菓子がお好み。ケーキも、タルトやムースより、いちごショート。それなのに食べきった奴はエライと思う。食べてくれる人がいてこそ、作る喜びがあるのだから、私ももう少し気をつかってあげればよかったかな。でも、太りそうでね。
by senbe-2 | 2006-07-12 01:44 | 料理 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧