子どもたちの思い出の場所

子どもたち3人が通った地域の幼稚園が閉園になりました。
幼稚園が近くの保育園と合併して、こども園になり、
子どもたちは、今春から保育園の園舎に移りました。
写真の幼稚園舎はつぶされ、この場所にこども園の園舎が建てられ、
一年後には戻ってくるそうです。

f0088647_16210408.jpg
建て替えに伴い、桜の木も切られてしまうと聞き、
最後に会いに行ってきました。

中庭にはうさぎ小屋があり、うさぎ当番の子どもは、
野菜くずを持って行きました。
野菜くずと言われても、すぐにあるわけじゃなく、スーパへ行って、
キャベツの外皮をもらったり、家の周りのたんぽぽを掘り集めたり、
苦労したのもいい想い出です。その小屋は取り払われ、花壇になっていました。

子どもたちがこの幼稚園に通った7年間は、
私がこの街にやってきた最初の7年間にあたります。
子どもたちの社会参加のスタート地点だったのと同じに、
私にとっても、スタート地点でした。

たくさんの人と出会い、子育てを頑張った想い出の場所。
少し寂しいですが、また新しくなって、
子どもたちの笑い声が戻ってくることでしょう。

もう一度桜の木は植えられるのかな。
冬になると落ち葉掃除が大変そうでしたが、
それを集めて焚き火をして、焼き芋を作って食べるっていう楽しみもあるといいなあ。





[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/27725071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukarim at 2017-04-16 12:18 x
幼稚園で7年?と思ったら、3人同じ幼稚園なんだね。
役員もいろいろやったことでしょう。
地元密着はお互いに気心が知れていいですね。
こじれると大変だけど。
桜、切ってしまうのか・・場所を移動するとかできないのかな。桜にも寿命があるみたいだけど。
いろいろと変わっていくのは寂しいですね。
Commented by senbe-2 at 2017-04-16 21:38
yukarim、
そう、2年ずつで6年なんだけど、間に一年空いていて、
でもその年も幼稚園にはしょっちゅう顔を出していたので、
気分的には継続の7年間でした。
役員もやりましたよ。私も毎日幼稚園に登園している時期もありました。(^-^)

桜は植え替えは難しいと思います。
寿命はまだきてないけど、そろそろ木の勢いが衰える時期の様です。
残念だけど、1つの時代が終わったのでしょうね。
by senbe-2 | 2017-04-15 16:19 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧