が〜まるちょば 2016

先日、が〜まるちょば岡山公演に夫と行ってきましたよ。

が〜まるちょばはもう5回目くらいでしょうか。

毎回、存分に楽しませてもらうけれど、
今回は、過去最高に面白かった。

前半は、がーまるSHOWっていう観客を巻き込んだ街頭芸と、コントが2つ。
後半は、チャップリンの「街の灯り」をお芝居形式で。
どれもこれも、もちろん台詞なし。サイレントコメディーです。

街の灯りは7年前にも演じられていて、その時もすごくよかったけれど、
今回は、コメディーのシーンを挟みつつ、全体をシリアスにまとめてあって、
満足度が高かった。夫は前のも同じくらい好きみたいですが。

観客の中には、前日の広島公演も見に行かれた人もいました。
私はそこまではできませんが、一年に一回くらいのペースでなら是非観に行きたいです。


f0088647_02011255.jpg




写真は、公演前に、岡山のイオンモールにある明神丸さんでいただいた、
鰹の塩たたき丼です。ご飯には少しタレがかかっていて、
たたきは塩のみ。開店前に20分ほど並んだ甲斐は十分にありました。


6月は休みが少なくて、しんどかったー!
7月に入って、いいペースで休みがもらえて、少し体力が戻ってきました。
ブログを書ける余裕くらいはいつも持っていたいです。







.
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/25448372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukarim at 2016-07-15 15:25 x
パントマイムかぁ。大昔、フィリップ・ジャンティ・カンパニー見に行ったことがある。とてもファンタスティックで不思議な世界観だった。調べたら、今もやってるんだ!
でも、闇の芸術って書いてあって、そういえば、舞台が暗かったかも。
狭くて暗いのがダメになってしまったから、もう見れないかなぁ( ; _ ; )
追っかけじゃなきゃ全国についていくなんてことしないと思うけど、たとえ、DVDが出たとしても、生で見るのとは全然違うから、何回も観に行くこともわからなくはない。
その日限りのお客さんとの一期一会で、会場の空気も違うし、行った日のそれこそランチに何を食べたとか、お天気や気分によっても違うから、特別な一日だと思う。
普段、毎日、同じことをしているようでも、本当は少しずつ全部違うんだよね。毎日老いていくし、子供は成長するし、いろいろできるようになったり、できなくなったり。
来年も観れるといいね。
Commented by senbe-2 at 2016-07-17 02:11
yukarim、
yukarimは、舞台を見慣れているから、同じ舞台でも一回一回違う出会いがあるっていう経験をしてるんやね。
ディープなファンじゃないけど、今回の舞台は楽しかったよ。お客さんとがーまるちょばの2人の息も、
うまく絡み合っていて、観る側も参加してるという一体感を感じました。

パントマイムと書いたけど、正確にはサイレントコメディーで、舞台は始終明るいよ。
くらい舞台で、演者のところだけがスポットライトで浮かび上がるというような、
照明ではなかったよ。お芝居だけど、台詞が無くて、その代わり、表情や体の仕草で内面を表現している感じです。

東京だといろんなものを観るチャンスがあるから、いいなあって思います。
by senbe-2 | 2016-07-15 02:00 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧