再び智頭へ

昨秋に出かけた鳥取県智頭町のタルマーリーというパン屋さんに、
また出かけた。
自家製のビールの販売が始まっていると知って、
飲みに行くことに。

建物は廃園になった幼稚園の園舎。
園庭がお庭になっていて、もちろん遊具もある。
後ろは山で、近くに小川も流れていて気持ちの良い場所だ。

入店したら、まずパンを買う。(すぐに売り切れそうだから)
バケット1本と、くるみと柑橘ピールのパン1つを購入した。
それからカフェスペースに案内してもらって、
ビールとピザとサンドイッチを注文。
それぞれにいろんな種類があって、選ぶのも楽しい。


f0088647_02551934.jpg



私は帰りの運転手なので、ビールは諦めオレンジジュースに。
秋に来たときは、私が飲ませてもらったので、
今回は夫が飲む番だ。
野菜とチーズのサンドが美味しかった。
家ではついついハムなどの肉系を入れがちだけど、
無しでもいける、いやない方が好みかもしれない。

前回も頂いたシンプルピザも美味しかった。
生地が薄めで軽い食感だった。

家に帰ったその日の晩ご飯に、早速バケットを食べた。
カマンベールチーズとドレッシングをかけた野菜をのせて、
あのサンドイッチ風にしてみたら、いい感じで、
末男もよく食べた。

美味しいパンと、美味しいチーズ、美味しいお酒、
ああ、みんな発酵食品だ。

このお店を運営しているご夫婦、いたるさんとまりさん。
→だからタルマーリー。
その、いたるさんが「腐る経済」という本を書かれている。
発酵って、うまいし、人間や自然界のあるがままに即している。
何でもかんでも除菌せずに、うまく発酵と付き合っていきたい。






.
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/25164976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukarim at 2016-05-02 16:43 x
園舎とは思えないオシャレな外観で、
ビールも自家製だなんて、すごいこだわりのお店ですね。
今回は旦那さんと二人で行ったのかな。
私もこないだ夫と二人で温泉に行きました。
発酵食品もいいけど、夫との付き合い方も大切な年回りになってきましたね。
GW前半でめっちゃ綺麗に自分の部屋の片付けをしてて、何十年も突っ込んでる服とかいっぱい捨ててて、今のところ有用な活動をしてくれるので、いいのですが、定年になったらうっとおしいのかな^_^;
Commented by senbe-2 at 2016-05-02 21:02
yukarim、
お洒落な外観といっても、幼稚園の園舎だから、素朴な雰囲気です。
遊戯室は改装中でしたから、まだまだ発展途上のお店です。

yukarimの旦那様は、定年になっても鬱陶しい存在にはならないでしょう。
うちも、私は四六時中一緒でも平気ですよ。夫はどうかわからないけど。
ふたりの時間なんて、わずかしか無いのだから、
一緒にいる間は仲良くしなくっちゃね。
お片づけするなんて、よくできた旦那様です。
Commented by レモン at 2016-05-06 18:29 x
鳥取県...ってちょっと距離あるよね?
いい天気ならドライブも兼ねていいかもしれない。

あたしもくるみとドライアプリコット入りのパン(グルテンフリー)を時々焼くよ。(とてもよくできたので、分けて記事を書こうと思いながら軽く8ヶ月経過)
二人で仲良く出かけてたのしめるのはいいよね。
趣味と嗜好がとんでもなくかけ離れてたら、そうはいかないだろうし。

お友達も淡路島の廃校(小学校)を借り受けて、アトリエ&カフェ(&自分たちの住まい)をやってるよ。
廃校もこうして再活用されると地元の人もちょっとうれしいと思う。
Commented by senbe-2 at 2016-05-06 19:44
鳥取県は道が良くなって、割と短時間で行けるようになったよ。
それでも2時間くらいは走るかな。
何か目的が無いと出かけられないから、
目的を見つけるのが大変です。

淡路島のアトリエ&カフェって、どこなんだろう。
良く雑誌でそういうお店を特集してるから、載ってるかもですね。
そんなお店大好きです。
by senbe-2 | 2016-04-28 02:54 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧