末男ふたたび

今朝のことだ。
7時前後に家を出る夫と末男を送り出し、
さあ、自分の身仕度を整えて、朝ごはんを食べようか、
新聞でもチェックしながら…と思っていたとき、
末男から連絡が入った。
財布を忘れたから、駅まで持ってきて欲しいと。
いや、忘れ物は届けませんと、決めたはず。
ところが財布の中に定期券を入れていると聞いて、
心が揺らぐ。
持って行かなかったら、お金もない末男は、片道30分かけて家に帰り、
再び駅に向かうことになる。
電車は30分に一本あるかないか。
次の電車にも乗れないだろう。
そもそも、いつも乗る電車に乗らないと
学校は遅刻だ。

考えている暇はなく、今すぐに車を出して
ギリギリ電車に間に合うかという時間だ。
体はもう動き出していた。

こんなときは事故を起こしやすいものだ。
間に合わなかったところで、末男が遅刻するだけのこと。
安全運転、安全運転と、心の中でつぶやきながら、
運転する。

駅の手前の踏切に引っかかってしまったら、
その電車が末男が乗る予定の電車で、即アウトだ。
その手前には信号もある。
それに引っかかったら、ダメかもしれない。
ヒヤヒヤしながら、それでも今日はついていた。
信号も踏み切りも、引っかからずにクリア。
ロータリーで、今か今かと待つ末男に財布を手渡す、
その瞬間に、私は言った、
「晩ご飯1回な。」

「えっ」とひるむ末男、
私の財布を持つ手が引っ込む。
いえ、すぐに渡しましたよ。

でも、タダで持ってきてもらえるわけないでしょ。
こっちだって、呼び出されたせいで、片付けか新聞か洗濯物を
諦める羽目になるかもしれないのだから。

明日の休日、夜はまたゆっくりできるかも。^ ^
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/24946400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukarim at 2016-02-15 10:13 x
大学生だとちょっとくらい遅れても、休んでもいいかなと思うけど、
高校生だとやはり、きちんと行ってほしいから、協力するかな。
息子が頼ってくるって、なんとなく嬉しいし。(甘い(^_^;)
末男くん、どんな晩御飯を作ったのかな?
Commented by senbe-2 at 2016-02-15 23:08
yukarim、
確かに高校で遅刻はやめてほしい。
でも、失敗を繰り返すくらいなら、自分の自立のために、
遅刻だってなんだってやるが良いと突き放そうと思っています。
でも、いざその時になると、仏心が湧いてきて、
持って行ってしまうんやなあ。

でもタダで済むと思うなよって、
せめて言いたい。

結局、本日月曜日の晩ご飯を作ってもらいました。
またアップしますね。
Commented by レモン at 2016-03-09 18:39 x
自分で引き返したくないなら、お友達にお金を借りればよかったのでは?(ダメ?ダメ?)
遅刻して一限目出られないくらい、たいしたことではないと思うけど...。(あたしは出たくない授業(体育)があるときや雨の日は学校休んだりしてたよ。遠いし濡れるのがイヤだしね。体育の単位はどこまで休んでも平気かきっちり数えていた)

持ってきてもらうのに、晩ご飯一回作るくらい当然だよね。
忙しいかあさんの貴重な時間と労力とを奪ってるんだから。
でも甘えられる人がいるってのはいいよ、うん。
せんべさんはいやかもしれないけど。笑
Commented by senbe-2 at 2016-03-10 06:18
レモンちゃん、
友だちにっていう手はあると思うけど、仲の良い子は別の高校で、往復の電車賃となると、高校生の彼らにとっては大きい額だから、借りれるという保証はない様な気がします。私も遅刻は今後の自分への戒めに必要な通過点だと思ってはいるのですが、私自身が遅刻大嫌いな性格なので、つい体が反応して動いてしまいました。末男の場合、遅刻しないとか、授業を真面目に受けているという態度を大切にしないと、いけないのですよ。レモンちゃんの様に優秀だといいんだけどねえ。いや、ほんとに。
by senbe-2 | 2016-02-10 21:39 | 生活 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧