バス事故から思うこと

センター試験の前日に起こったバス事故の日。
会場になる大学の学生にとっては、またとない休日ですね。
次子も部活のメンバーで温泉旅行へ出かけていました。
事故に遭われた若者たちと同世代の子どもを持つ親としては、
胸の詰まる思いがします。

もう、安さを求めるのは終わりにしたい。
安い労働力で支えられている安価なサービス。
安さを求め続けると、また同じことが繰り返されるに違いない。
ネットの普及で、価格比較は簡単になっている。
でも、安全性の比較まではできない。

賃金を上げよう。そして、サービスに見合った対価を払おう。
きちんと働く人が見合った給料をもらえるようにしなければ、
安さばかりを追求する社会は変わらない。

経済成長がマイナスの現代、資産には限りがあり、
それをどう配分するかが鍵になるという。
政治経済の知識の少ない私には、苦手な領域の話だけれど、
大企業を守れば、日本経済を引っ張っていってくれるだろうという考えは、
甘いのではないかと思う。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/24878695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukarim at 2016-01-21 11:03 x
若くして事故で命が奪われるって、とんでもなく理不尽だよね。
残された人も少なからず心に傷を負うと思う。
命が一番大切と言いながら、経済的にお得な方へ走る心理はあるね。
安かろう悪かろうって言葉もあるのに、みんなそんなに金持ちじゃないからね。一部の人だけが、ものすごいお金を持ってて、大部分の人はどちらかというと、貧乏なんだよね。
娯楽や趣味も大切だし、そこを切り捨てるのも難しい。
保育園の先生や、介護士の人や、社会に必要とされている人も給料が安いし、過酷な労働で続かない。小児科や産婦人科の先生も足りない。
歯医者なんて山ほどあるのに。
訴訟になるような職場は覚悟が必要だし、今やネットですぐ非難されるし、一億総クレーマーみたいで、いろいろと余裕のない世の中だよね。
本当に悪いのはどこなのかは、意外と見えなかったりして、そういう社会のシステムを変えるのは、なかなか大変だと思う。
Commented by senbe-2 at 2016-01-21 19:47
yukarim、
その通りだと思います。
ついつい安いことを歓迎してしまいます。
私も安いものをありがたいと受け入れています。
でも、これ以上安さを求めるのではなく、
高いものでも、大切なものに対しては、買い支えるというか、
正当な対価を払って、守るという姿勢が要るんじゃないかとね、
そんな気がします。学生の場合はそうもいってられないけれど、
昔から学生割引という社会的に認められた割引があったはずですよね。
電車賃も、映画も、旅行ならユースホステルとかね。
その分も働いてしっかり給料をもらっている社会人が負担するという
システムがあったのに、今は、みんなが安さを求めてる。
給料が足りないからね。
どうすれば暮らしやすい社会になるのでしょうか。
日本でわかっている人は、賢い人だから、きっとお金持ちで、
自分の損になることは、口にしないのでしょうか。笑
by senbe-2 | 2016-01-19 13:05 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧