今年も福袋作りました。

お正月になると、いろんなお店で、福袋なるものが売り出されますよね。
5000円、10000円と値札が付いているけど、
中身はもっともっと値のはる商品が入っていて、お得感のある福袋。

図書館でも最近は福袋を用意するところがあります。
私たちも作りました。
もう何年か前から、できる年にはやっていて、
今年も利用者の方から、
「今年はやらないの。」と声をかけてもらっていました。
「やりますとも」ということで、作りました。
大人用と、子ども用はそれぞれ細かな年齢別で、トータル151袋。

福袋といっても、買ってもらうわけではなく、
図書館の蔵書を借りてもらうわけなのですが、
すでにラッピングされていて、何が入っているかは、
帰ってからのお楽しみというわけです。

f0088647_17055802.jpg




福袋にはタグが付いていて、どんな本が入っているか想像をふくらませるテーマが
書かれています。「いい男になる!」とか、「眺めてみよう」とか、
まあ、それだけでは何が入っているかわからないけど、
選ぶ上でのちょっとしたヒントにはなります。

実際は、貸し出しの時のレシートに本のタイトルが印字されているので、
見ようと思えば、見ることはできますが、
私たちはわざとレシートをキッチリ折りたたんで渡しますし、
借りられる方も、遊び心いっぱいの人たちなので、
誰も見ようとはしません。ちょっとした遊びにお付き合いいただいています。

子ども用は巨大な手作りクリスマスツリーの回りに設置しました。
f0088647_17055941.jpg


f0088647_17055944.jpg



子どもたちには、プレゼントにしか見えませんから、
みんなすごい勢いで借りて帰ります。
自分では決して選ばないであろう本を手にするいい機会になるかもしれませんし、
何より開ける時のワクワク感が楽しいでしょう。

本は3冊入っています。
年末年始の休館をはさむこの時期の貸し出し冊数は通常の倍に設定してあります。
たっぷりの余裕がある今だけのお楽しみです。

12月14日から始めましたが、
1週間で残りわずかになってしまいました。

この一週間、福袋を持ち帰る利用者がちょっと楽しそうで、
それを見送る私たちも、とても幸せな気持ちになりました。
限られた時間の中で用意するのはちょっと大変だったけど、
その作業もワクワクして、楽しいものでした。

包装紙やリボン、マスキングテープなどなど、
包装資材は、全部職員の持ち寄りです。
また来年に向けて、貯めておかなくっちゃね。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/24795264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by レモン at 2015-12-25 05:27 x
これいいね!
古本屋で同じようなのをやってるのは知ってるけど、それだと多少なりともお金払うわけだから、外れたときのショックが大きいと思うんだよね。
でも図書館なら、その心配もないし。
パラパラといつも選ばないような本をめくる機会にもなるわけだから、なかなかいいと思う。
でも最大のポイントは、梱包...というより、そこに添えられてる(その本をイメージさせるような)メッセージだと思うよ。
そこが外れてると、ちょっとがっかりしそう。
子どもたち用のは、それほどでもないかもしれないけどね。

梱包とかも持ち寄りか...ほんと、ボランティアでやってるようなものだよね。とにかくなにかのときの梱包とかが使えそうならこれ用にリサイクルするために取っておく感じ?
利用者にとっては、こんなしてもらえて、いい図書館だね。
Commented by senbe-2 at 2015-12-26 07:18
レモンちゃん、
返却できるっていうのがいいよね。福袋は値段の割にいいものが入っているけど、不要なものだと無駄になってしまうけど、本は返せるからね。

テーマの設定ね。
これはいちばん難しいところです。
考えすぎると進まないので、悩まないようにしています。
そして司書経験豊富な先輩司書たちが、ガンガンその辺の作業をしてくださいます。
また毎年やっていると、同じテーマで同じ本を選んでしまうので、
今回は市内の別の図書館と福袋の交換をしましたよ。
30組だけど。そうやって別の図書館の蔵書を借りてもらえるというのも悪くないでしょ。
こんなことをしていると、どんどん忙しくなっちゃうんだけど、
楽しいから、やっちゃうんです。
リボンとか、使えそうな包装紙は、丁寧に開けて、畳んでしまっていますよ。そういうものって要るようで実は再利用せずに押入れに放置されていたりするから、放出できて、家も片付きました。笑
Commented by papricagigi at 2015-12-28 07:40
Good Idea!! こういう企画、こちらの図書館でも是非やって欲しいですっ。自分で選ぶ本って、どうしても偏ってしまいます。何が出てくるかわからないっていうわくわく感も楽しいですね〜。こうして出会った本がきっかけになって、今まで踏み入れたことのなかった分野の本に興味を持ち始めるかもしれませんもんね♪ 

senbeさんも、ご家族とゆったりとした素敵な年末年始をお過ごしください!
Commented by senbe-2 at 2015-12-29 11:36
Papricaさん、
福袋という習慣はカナダにはないでしょうが、
クリスマスプレゼントということなら、そういうのもアリでしょうか。
包みを開けるワクワク感を届ける、受け取るという交流が、
楽しかったです。

やっと今日からお正月休みに入ります。
子どもが小さい頃は日常だった家族が揃うということも、
今ではイベントになってしまいました。
短い時間を大切にしたいと思います。
Papricaさんもいい年をお迎えくださいね。
by senbe-2 | 2015-12-23 17:03 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧