tsunagoをやっと手に入れました

ちょっと前に見つけたこの記事で俄然欲しくなったtsunago。

短くなった鉛筆をつないで長くして、最後まで使おうという発想で作られた鉛筆削り。
f0088647_18085758.jpg

写真は記事からお借りしました。

その時点で、販売は東急ハンズだけだとわかり、次子に買いに行ってもらったけれど、
売り切れで、入荷予定もたってないとのこと。予約も受け付けてもらえませんでした。

がっかりしていましたが、また次子が店に寄ってくれて、買ってきてくれました。
この日は普通に売っていたと。

バンザーイ。


図書館では鉛筆を使います。
利用者用にメモ用紙と置いているのも鉛筆。
でもすぐに短くなって鉛筆立てに埋もれてしまいます。
延長用のホルダーも使っていますが、
鉛筆削りに入る長さで寿命が尽きていました。

こんなものが欲しかった。
作ってくれた 中島重久堂さんに感謝します。

気になるのは切れ味が落ちること。
刃の取り替えができたら嬉しいけれど、
そうなってはいないようです。


[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/24268786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukarim at 2015-07-20 19:17 x
へぇ、すごいね。
のりとかなくて合体してるの?
最近は鉛筆を使うことも少なくなったから、知りませんでした。というか、おもしろグッズでなくて作ってるなら替刃必要ですよね。
Commented by senbe-2 at 2015-07-21 20:03
yukarim、
すぐれものでしょ。
でもね、木工用ボンドでひっつけるんですよ。笑
だから、つなぎ目はもしかして書けないかもしれませんが、
一回余分に削れば良いと思うので、許容範囲です。
替え刃、あれば言うことなしですが。

何より、鉛筆を使い切ろうという心意気が好きです。
Commented by レモン at 2015-08-11 03:19 x
すごいアイデアだわ。
家で使う程度の鉛筆の量なら(まず家で鉛筆を使ってるケースが少ないかもしれないけど)あんまり気にならないかもしれないけど、図書館とかだとたくさんになるだろうし、うれしいかも。
短いからもう捨てなきゃ...ってのがない...っていう気持ち的に。
いまみたけど、けっこう高いんだね。
ならもう少し高くして、いい刃を使うとかしてほしかったかも。
それか、ハンドルつきのくるくる回すタイプの鉛筆削りみたいにしてもらえたら、もっと楽にできたかもね。(木を削る面積がかなり大きいから、このデザインだとよっぽど刃が切れないとつらいよね。刃がいまいちだとかたそう)


Commented by senbe-2 at 2015-08-12 01:53
レモンちゃん、
そうでしょう。長い鉛筆で書けるから、楽しくて仕方ないです。
経費削減で鉛筆を買うこともままならず、
余っていたら、使いさしでも良いのでくださいと、お願いしているくらいです。だから、つないで最後まで使えるっていうのは、本当に助かるんですよ。

次は三段重ねもやってみたいです。
刃がいつまでもつかという問題はあるけど、
次は経費で買ってもらいたいです。
今回は自腹。笑


by senbe-2 | 2015-07-20 17:32 | お気に入り | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧