お疲れ様でした、リサイクルデー

この地域では、廃品回収を小学校、中学校のPTAが受け持っています。
売り上げ金と市からの補助金は、PTAに入ります。
それはかなりの金額になり、学校教育現場で使われる重要な資金源になっています。
我が家の末男は中学3年生。
とうとう、その日がやってきました。
その日とは、最後のリサイクルデーです。

長子が小学1年生だった13年前からやり続けてきた仕事です。
子どもが小さい時は、リサイクルデーのたんびに、
自家用車のチャイルドシートを外さなければなりませんでした。
また1回では回収しきれず、2往復している間に、
回収時間が終わって、回収業者のトラックを追いかけて
廃品を引き取ってもらったこともありました。
当時、日曜日でも早朝から仕事に出かける夫には頼れなかったので、
ほぼひとりでやっていたのです。


最近は、夫も時間を都合つけられるようになり、
部活を引退した末男も手伝ってくれます。
というわけで、
今日の記念すべき最後のリサイクルデーも、
男2人の活躍で締めくくってもらいました。

よかった、よかった。
お疲れ様でした、夫、末男。
お疲れ、自分!
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/23066660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by レモン at 2014-10-06 19:07 x
これも...しみじみ記事だね...。
回収を担当って...それ、自分の車を使って回収作業するっていうこと?
もしそうなら、それは大変だわ!
すごい重労働じゃない?
Commented by senbe-2 at 2014-10-06 20:24
レモンちゃん、
自分の車、そう、勿論そうですよ。
どんなに立派な車でも、新車でも容赦無く、
当番は回ってきます。
田舎なので、軽トラックを持っている人が、そこそこいらっしゃいます。でも、ほとんどの人が普通の車ですね。
自動車がなかったらどうするんでしょうね。
家に一台あるのが前提になっているのかな。
車の問題だけじゃなく、一軒一軒家を回って、玄関口に出してある新聞や古本、ダンボール、古着、紙類などを回収し、
集積場所で下ろすんですよ。全て人力で。
大量にあって、ひとりでまわっているときは、
悲しくなるよ。笑

それも終わりました。

でもね、最近子どもの数が減ってきて、
PTAでは出来ないから、自治会でやります、なんてことになるんじゃないかと、密かに恐れています。笑
Commented by yukarim at 2014-10-10 12:12 x
自分の車で、それもひとりで!?
お疲れさまでした!!
PTAが終わっても自治会は永遠だ(笑)
やめようと言う人がいない、続けていくのがすごい。
Commented by senbe-2 at 2014-10-11 03:16
yukarim、
がんばったよね。この辺では当たり前のことだけど、
雨の日でもやるので、本当に大変なこともあったよ。
役員んさんは、集積場所で待機して、荷下ろしを手伝うよ。

自治会は永遠?そうやね。
大変なこともあるけど、助けられてることも多いから、
わたしは、大切な組織だと思ってるよ。
by senbe-2 | 2014-10-05 21:43 | 生活 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧