父ちゃん弁当の日

久しぶりに父ちゃんが弁当を作ってくれる日が来た。

今回は秋の味覚弁当。
昨日、産直でむかごやぎんなん、枝豆などを仕入れてきてくれた。
でも、晩ごはんに全部調理してしまった私と次子。
むかご、ぎんなん、枝豆は全部、次子の大好物。
残しとこうか?って夫に尋ねたけど、
はっきりした返事がなかったので、
むかごを少しとりおいただけで、
後はみんなたべちゃった。

今朝、父ちゃんが作ったのは、

しめじご飯
さつまいものサラダ (以上ふたつは「わらのごはん」船越康弘・船越かおり著から。)
鶏肉の照り焼き風
茹でブロッコリー


それと昨日の晩ごはんから餃子

f0088647_1025183.jpg


餃子がよくないとブツブツ文句を言い、
時間が足りなかったのだから仕方ないと、
自分に言い聞かせながら、出勤された。

本当はそこに卵焼きが入る予定だったらしい。

しめじご飯がすごくおいしくできていた。
私もお昼ごはんが楽しみ。


時間ないのに、今日は二つも投稿しちゃった。
さあ、掃除と勉強、がんばろ。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/16698263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saudade_55 at 2011-10-18 11:07
とうちゃんのお弁当の日は決まっているのですか?美味しそうなお弁当です。
じつは我が家では先日ちょっとした揉め事がありました。私がお弁当を作った日のぶんだけお金をもらっていたのですが、それが彼は材料費と言い、私は手間賃といい、意見が割れ、結果、最近自分でお握りを作って持って行ったりしています。。トホホ
食費だろうと、手間賃だろうと同じ財布に入るのに、こういうのをお互い維持を張っていると言うのでしょうね。会社ではいじわるな嫁だと思われてるかも~なんて心配もしますけど、彼がやっぱりお願い・・・って言ってくれるまで意地を張ろうかと・・・。
そうそう、下↓の畑も頑張ってまよね。さらに何かお勉強してるとか?テスト??
本当にいろいろ頑張っていてすごい!
私は頭ん中で考えるばかりで、勉強が進んでません。でも、senbe
さんから刺激を受けてまた始めなければ。。。と思いました。
Commented by senbe-2 at 2011-10-19 01:11
saudadeさん、
お弁当の日は不定期です。1年に3回くらいかな。
この日は私はお弁当を作らない、早起きもしないと決めてるけど、起きたら間に合いそうもないから、つい手が出てしまいます。(笑) 夫も「手伝うな」とは言わないところを見ると、
助かってるんじゃないかとおもいます。

旦那様のおにぎり、いいじゃないですか。
材料費か手間賃かという問題は、もめる必要はないよ。
どっちも入ってるんだから。(笑)
確かにどんなに疲れていても早起きして作る身としては、
手間賃として認めてもらいたい気持ちはよくわかるよ。
旦那さんは家族のお弁当を作るのにお金を請求するのかと、
違和感があるのかもしれませんね。
女としては、ねぎらいの言葉を少しかけて欲しいだけだよね。
旦那さんも「あなたを思いながらお弁当を作るのは、楽しいことなのよ」なんて口では言わなくても思って欲しいんじゃないかな。続く・・・
Commented by senbe-2 at 2011-10-19 01:12
saudadeさん、続きです。
旦那さんが自分で作り続けたら、そのしんどさもよくわかるから、saudadeさんの気持ちを理解してくれるかもしれないね。
でも、理解してもらえない時は、意地を張るのなんてばかばかしいから、「長い間お疲れさま、明日から作るわね」って言ってあげてね。私がお弁当のことで、とても感動したのは竹下和男さんの本を読んでから。よかったら図書館で探してみてね。
Commented by paprica at 2011-10-19 23:24 x
うわぁ〜、うらやましぃなぁ〜♪ お父さん弁当には見えないくらい、女性的にかわいらしいお弁当。「ドカタ弁当」専門だった、うちの母に見せてみたい。お母さんの作る弁当があんまりにも豪快だったので、中学、高校は私が弁当担当でした。なつかしいな。
こうして順番にお弁当を担当してくださるなんて、素敵な関係ですね。こういう優しさ、何事にもかえられないですもんね。
あ、ところでSenbeさんは、何のお勉強をされてるのですか?がんばってくださいね!
Commented by senbe-2 at 2011-10-20 10:01
papricaさん、
うちの父ちゃんは私より繊細な感性を持ってます。
でもそれがなんなのよ!繊細でも間に合わなきゃ意味はないのです。と自分を慰めています。(笑)
でも帰宅したきのこ大嫌いな次子が「しめじご飯がおいしかった」と言ってたから、やっぱり丁寧に作ることは大切なんだなと思いました。
ステキな関係なんてものじゃないのですよ。年に数回、夫の職場で「弁当の日」というイベントをやっていて、自分で弁当を作らなきゃいけないわけなの。それなら家族の分も一緒にお願いねって作ってもらっています。普段は紅茶1杯、自分で入れることなんてないのですから。(笑)
Commented by yukarim at 2011-10-23 10:16 x
なるほどねー、ただのしめじご飯じゃないんだー。
出汁とか、なにやら雑穀が入ってるのかな?
ブロッコリーのゆで具合にもこだわりあったような。
玉子焼きも美味しく作るには、なかなかコツがいるから、
時間が足りないのは、修行が足りないのだー
なんてね。
妻の仕事をねぎらう気持ちがほしいよねー
Commented by senbe-2 at 2011-10-23 16:24
yukarim、
しめじご飯は昆布だしです。シンプルな味で、しめじの旨味が味わえましたよ。
ブロッコリーは今回も固め。
次子はおいしくなかったとブツブツ・・・。
yukarimよく覚えてましたね。
卵焼きはそうそう修行あるのみだよね。
火加減やら、ひっくり返すタイミングやら、
毎日やってない人に、サササとやられたら、
こっちの立場がないわ。
Commented by レモン at 2011-10-25 01:58 x
秋の味覚弁当の仕入れブツを食べちゃったらだめだよ〜。笑
英君もがんばってるね。
でもこれも年に数回だからがんばれるんだ...とあたしは思う。
たぶん。
それならまさに、イベント気分だもの。
でもその数回でもせんべさんは助かるよね!
Commented by senbe-2 at 2011-10-25 22:49
レモンちゃん、
英も初回はすごく張り切って、ほんとに片付けまでしてたから、すごいな、この人と思ったのだよ。ここのところは片づけどころか、おかずを作る時間も足りないようです。それでも私にしてみれば、その日は作らなくていい訳だから、気が楽です。
by senbe-2 | 2011-10-17 10:33 | 料理 | Trackback | Comments(9)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧