末男とソフトボール

f0088647_91256.jpg
f0088647_904148.jpg


写真はブラックベリーとブルーベリー。
スキンに使っているブラックベリーは去年の写真だったか?

今、色づき始めて、そろそろ収穫だ。
ブラックベリーは酸味があるから、そのままジャムにしよう。
ブルーベリーはネットをかけたおかげで、最近やっと人間の口に入るようになった。
早起きのヒヨドリに負けていたのだ。
それにヒヨは甘くなる前の熟れかけでもさっさと食べていくから、
いつまで経ってもおいしいブルーベリーが食べられなかった。


タイトルの末男の話は・・・

昨日、小学校で地区対抗のソフトボール大会があった。
私は残念ながら用事があって観に行けなかった。

小学校2年から4年までの3年間クラブチームで軟式野球をやっていた
末男にとって、夏のソフトボール大会は毎年楽しみにしている行事だ。
昨年は練習初日に右手親指を骨折してしまい、
そのまま練習にも大会にも出場できなかった。

そして今年も、練習が半ばを迎えたころ、
なんと同じ右手親指を捻挫(突き指だと思われる)したのだ。
一年間楽しみにしていたソフトボール大会。
今年は6年生で、キャプテンもさせてもらい、
キャッチャーというポジションも確保したのに
つきゆび。
腫れて内出血もしている。


キャッチャーは右手を背中に回して、
グラブをつけている左手でボールを受けるのだと、
父親が末男に教えていたが、後の祭りだ。
末男も見よう見まねでそうすることは知っていたようだが、
右手を添えるタイミングが早すぎたのだろう。


せっかく楽しみにしていたソフトボール。
突き指くらいで出場をあきらめるわけにいかなかった。
実はピッチャーはソフトボール経験者の女子。
彼女の投げたショートバウンドしたボールで突き指をして、
大会に出られないなんて、彼にはかっこ悪くて言えなかったのではないかとも思う。
その後も練習を休むことなく続け、
大会も無事に勝利を収めて帰ってきた。

大会といってもね、小さな学校で、
2つのチームに別れて試合を2回するだけなのだ。
それでも、それでも野球好きの彼にとっては、
貴重な想い出になったことだろう。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/16322960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukarim at 2011-07-26 11:41 x
実のなる木は見てるだけでも幸せな気分になるよ。
って、鳥との闘いは、結構シビアですか・・・^^;

うちの息子、投げるのが昔から苦手で、体力測定のボール投げ、
目の前にポトンです。
彼は父親になってもキャッチボールはしないだろう。

突き指しても頑張って勝利したのは、よい経験でしたね。
高校野球でも、ちょっと負傷してたりした方が力出たりしてません?
底力が出るのかなぁ。
Commented by senbe-2 at 2011-07-26 22:33
yukarim、
夫が庭に植える木の条件は実がなること、と言ってもいいくらい、実のなる木ばかりです。子どもの頃、いろんな実を食べたんでしょうね、そういう経験をさせたいという思いがあって、
いろいろ植えているみたいです。

体力測定のボールが目の前にポトン、それは私も同じです。(笑)
他はそこそこできたのに、ボール投げはほんとに飛ばなかった。
末男が3年生の時には、もう私とはキャッチボールが成り立っていなかったよ。私は末男のボールをとれないし、末男の所までボールを飛ばすこともできなかったの。(笑)
やっぱり経験だと思うわ。
息子ちゃんがキャッチボールをしなかったのなら、
その息子ちゃんも興味がないかもしれないね。

逆境に追い込まれたときの方が真剣になるのかもしれないね。
普段褒めることがすくないので、
今回はいっぱい褒めておきました。
野球以外でも本気でやれる子になって欲し〜い。
by senbe-2 | 2011-07-25 09:33 | 生活 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧