ゆず絞り・・・あ、あああ・・・

今日は気合いを入れてゆず絞り、やっちまおう!
陸上の記事を書いた後13時スタート。

一人で黙々とやりました。
15時30分、残りのゆずの約2/3が終了。
一升瓶一本とウィスキーの瓶に一本。

残りもやろうか、ちょっとしんどいな、
夕飯作りが遅くなっちゃうかな。
でもゆずが古くなるのも心配だし・・・
やっちゃおう!

さっき絞った一升瓶を左手で持ち上げて、右手に持ったタオルで、
瓶の周りを拭いていた、そのとき、

シュルル・・・

左手から一升瓶が抜けていった。

あ、あああ・・・

大きな音も立てず、一升瓶はキッチンマットの上でパカッと割れていた。

呆然と立ち尽くすわたし。

不注意だった。

さっき瓶詰めの時にちょっとこぼれたのだ。

それを拭こうと持ち上げたのだが、

ゆず汁はヌルっと滑る。

一升瓶を持ち上げるくらいの力はあったのに、
すべるという意識が働いていなかった。
やめようと思った時にやめておくべきだったか。


あ〜、お義母さん、父ちゃん、末男、ごめんなさい。


今日はこれで終了します。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/15045223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by レモン at 2010-11-25 18:32 x
がくっとくるね。
せめてウィスキー瓶の方なら...。
あたしもこういうことあるよ。
ひとりだから、その場ではだれにも言えないし。
ジル君が帰ってきてから、わーわーことの顛末を話して聞かせたりしてね。

絞るのにかなり力を使ってるから、疲れていたのかも。
手とかも。
滑るしね。
ごめんなさいもあれだけど、一番つらいのは自分だよ、やっぱり。
あたしだったら、そう思う。

一升瓶分か。


Commented by senbe-2 at 2010-11-25 20:51
レモンちゃん、
あの本早く読みたいなとか、
早く絞って明日は別のことに時間を使いたいとかね、
いろいろ邪念が入っていたのだよ。
だから、今日の自分の労働がチャラになってしまって、
すごく残念だけど、自分でしでかしたことだから仕方ないと思ってるよ。
でもね、やっぱり慰めて欲しかったんだろうね、私。
事の顛末を知った家族から嫌みを言われた時は、
私だって・・・って思っちゃったよ、正直な所。(笑)

腹が立つから、晩ごはんの後、再開して、
今全部絞ってやったよ。
一升とちょっとあったよ。ふう。
Commented by minazuki-3 at 2010-11-26 10:04
一人で残りを頑張って、絞ったのですね。
それが・・・。
みかんと違って、柚子は違った意味ベタつきが違うからね。
立ち尽くしたのって、わかるよ。
またそれも、片付けてご苦労様。

数が多いから、大変だったと思います。
だけど、↑を読むと全部終わったのですね。

よく頑張ったね♪~♪




Commented by yukarim at 2010-11-26 10:35 x
ほんとに唖然、茫然、だよね。スローモーションで瓶が落ちていく様子が見えるようです。
誰かに言いたくなったのか、アップの時間が割れた直後のような気が・・・^^;

すごく残念だけど、あまり気に病まないでね。
Commented by senbe-2 at 2010-11-26 17:53
みなずきさん、
ゆずはぬるっとくるよね。みかんとは違うぬめりです。
だから滑ったんだけど、
それがまたゆずの良い所で、ここ数日ゆずを絞っているから、
手肌がサラッといい感じなんですよ。

夜に絞っていたら末男が手伝ってくれました。

ゆず絞りは完了したし、汚したマットもきれいになったし、
やれやれです。
今日はゆず皮でジャムを炊いたりピールを作ったりしています。

よくがんばったね〜って褒めてくれてありがとう。
その一言があれば、人間頑張れるんだよね。

Commented by senbe-2 at 2010-11-26 17:55
yukarim、
誰かに言いたくてとりあえず床だけきれいにしてから
すぐにパソコンに向かったよ。(笑)
一人じゃやりきれなかったよ。

そう、もう仕方がないからね、
あまり考えないことにします。
ありがとう。
by senbe-2 | 2010-11-25 16:02 | 料理 | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧