陸上大会

近隣小学校の陸上大会があった。
各学校の代表選手が集まるわけだが、
末男の小学校は規模が小さく、その上他のスポーツで忙しい子たちが
出場を辞退したりするものだから、末男にも出場のチャンスが巡ってきた。
本人は先生から出場をする様にと半ば命令されたので仕方なく参加するのだと言っているが、
陸上競技場で競技するチャンスなんて、もうないかもしれないのだ。
母ちゃんも応援に行くぞ!

f0088647_12275289.jpg


末男のエントリーは、ソフトボール投げと走り幅跳び。
写真は走り幅跳びの助走風景。

結果はまずまず。
ソフトボール投げは自己記録を更新できたが、
走り幅跳びはどうも歩幅を調節できなかったようで、
えらい手前で踏み切っていた。(笑)
自己記録は更新できず。

この日までの一ヶ月、毎日朝練をしてきた。
外遊びよりゲームに夢中な末男にとっては、
いい運動になったと思う。

指導してくださった先生方ありがとうございました。
当日は高校生が補助員として大会を支えてくれていた。
長子の友達もいる。
テスト前だというのにありがとう。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/15044463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukarim at 2010-11-26 10:28 x
senbeちゃん、高校の時、陸上競技やってなかったっけ?
フィールド系のを。
お母さんもマラソン走るって言ってたような。
血筋ですねぇ。

うちの息子は体力測定でも、ボール投げが一番ひどくて、昔っから、全然だめでした。キャッチボールしてないから?

でも、息子も娘も、柔軟性だけはすごくあって、親はふたりとも体が硬いのに、小さいときは開脚で胸が床にべたっとついてた。
不思議だぁ。
Commented by senbe-2 at 2010-11-26 18:02
yukarim、
陸上をやっていたのは中学のときだよ。
でも走りは遅かったから、恥ずかしいんだよ。
中学は走りが遅い陸上部で高校は絵を描かない美術部。(笑)
母は確かに走ってましたよ。マラソンの方ね。
年の割には速かったみたい。

末男は去年まで一応野球部だったから、
普通にボールは投げられるの。
今はサッカー人気で草野球をやらない子が多いから
まっすぐにボールを投げられるだけで出場することになってしまったのだと思うわ。

体が柔らかいってのは大切なことだよね。
いざという時に危険を回避するには柔軟性が大事だし、
歳とって血流をよくする為にも柔らかいに越したことないよ。
うらやましいな。
by senbe-2 | 2010-11-25 12:41 | 生活 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧