秋祭り

連休中日は夫の実家の秋祭り。

f0088647_20431549.jpg


今年は義母を手伝ってお赤飯作りをしてきました。
前に作るのを見ていたことはあったのですが、
自分でやるのは初めて。
小豆を固めに茹でて、その茹で汁に塩と水を足して餅米を漬けておく。
ここまでは前日に義妹がやってくれています。
私は茹でた小豆と生の栗と水切りした餅米を混ぜて蒸し器に入れるだけ。
途中で一回蒸し器を火からおろして、固さを見ながら茹で汁を回しがけする。
再度蒸して終わり。
作ったなんて言える程、何もしていませんね。(笑)
でも3升の餅米なので、二段のながらせいろにいっぱいです。
忘れるまでに復習しなくちゃ。

昼からは甥っ子姪っ子が参加する祭りの本宮を見学。
f0088647_20525471.jpg


こじんまりしてるけど、立派なお祭り。
私はここではお客さんみたいなもんだから、
お気楽に見させてもらいました。

来年は末男が6年生。
地元のお祭りに参加だから、忙しいかも。(笑)
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/14777146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by レモン at 2010-10-13 02:52 x
お祭りだったのか、そうか。
お赤飯も量が量だし、手間以前に量ですでにけっこうたいへんな感じがするよ。

お赤飯って、復習するっていっても普段にはなかなか作らないものだものね。
あたしはお赤飯はもうあきらめてる、というか作る気がまったくない。
(→自分がすごく苦手だからという身勝手な理由。こうやって赤飯は忘れられていくのだ)
栗ごはんも小豆ごはんも大好きなんだけどなあ。
うるち米なら。
もち米はおこわにしてもなんにしても、苦手メニューに入ります。
あ、お餅は別ね。

秋だね。

あ、連休は忙しかったんじゃない?
お祭りとか丹波篠山とかで?
Commented by yukarim at 2010-10-13 08:52 x
お義母さん、今も地元でがんばってらっしゃるんだね。
夫の実家も田舎だけど、近所付き合いが大変で、義母は今はマンションでひとり暮らしだよ。
楽で良いって言うんだけど、やることなさすぎ、出ることなさすぎで、ちょっとボケが始まってるような・・・
人付き合いって煩わしいけど、必要だと思う。
近所に住んでないので、ほったらかしで申し訳ないんだけど。
Commented by senbe-2 at 2010-10-13 10:33
レモンちゃん、
量がね、半端じゃない。でも大量に作るから美味しくなるような気もするね。あの家では、お昼にお祭りから帰ってきた子どもたちが、かき込むように食べてました。みんなが楽しみにしているから義母も作り甲斐があるわ。
私もずっとお赤飯は好きじゃなかった。
私の場合、おこわがというより、小豆ご飯が嫌だったのだけど、
それでも義母のお赤飯を食べる様になってから、美味しいと思う様になったよ。慣れかな?栗も入ってるしね。(笑)

連休は楽しんだよ。初日はわりとのんびりさせてもらったから、
疲れはそれほどでもないみたい。
Commented by senbe-2 at 2010-10-13 10:40
yukarim、
年齢を重ねると、身近におしゃべりできる人がいるかどうかってのは大きいね。私も一日誰とも会わなかったりすると、夕方畑で近所の奥さんと会ったりしたら、夕ご飯作りもほっといて、ついついしゃべり込んでしまうもの。(笑)楽な生活より、忙しくても楽しく生活することが大事だね。
去年なくなった祖母はあまり近所付き合いのない人だったけど、
毎日テレビや新聞を読んで、文字を書いてたよ。料理番組のレシピをひかえたり、歌を詠んでみたり、それを色紙に書いたり。
そうやって楽しんでいても、私が遊びに行ったりすると、やっぱりしゃべりたいのか、私は帰るタイミングを失って、長居をしたものです。(笑)人間しゃべるのは大切なんだよ、きっと。
by senbe-2 | 2010-10-12 20:57 | 生活 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧