入学お祝いの会

崩れたチーズケーキを冷蔵庫に入れ、見えない様にして、
晩ごはんの料理に入った。

メニューは長子が好きなハンバーグ。
本当はステーキなんだろうけど、それはあり得ないので、
実現可能な範囲でリクエストしてくれている。(笑)

次子が混ぜてくれた。
翌日のお弁当の分を取り分けて、
後を5等分してねと伝えると、
まず最初にでっかいのを丸めていた。
5等分って言ったのに・・と言うと、
これは長子の分。と嬉しそうに言っている。
ああ、なるほど主役の長子のを特別大きいのにしているのねと
母としては嬉しい気持ちになる。
全部丸めた後、一番小さいのを私にしてねと言ってくれて、
ますます幸せな気分になっていたのに・・・・・。

長子が現れて、一目で大きさの違うハンバーグを見て、
「これ誰の?」と問うものだから、
次子、即座に「私の」と答える。
長子もあまりの大きさの違いにだまっていられなくなって、
「そりゃないやろ」と。
次子もそろそろ自白すればよいものを、
「私が丸めたんやから、私が一番大きいのをもらうんや」と譲らない。
もうええかげんにしてくれと思っているそばで、
二人の口論が続く。
結局長子が「次子の気持ちはわかってる」といい、
次子は「私のやもん」と言い張り続ける。

二人ともええやつなんやけど、
全く違う人種なので、噛み合ないのかな。
次子はそっとしておいて欲しかったのだろう。
長子が自分のお皿に特大が載っているのを見つけて、
嬉しそうな顔をしているのを次子は見たかったのかもしれない。

そのハンバーグがこちら。
f0088647_23592833.jpg


他のと比べられないが、みんなのはこの半分くらい。(笑)

ちょっとハンバーグがひからびているのは、
夫の帰りをひたすら待っていたから。
なかなか帰ってこないので、待ち時間にスーパーへお買い物に出かけたくらい。

かなり遅い食事になってしまったけど、
みんなで祝えたのがなにより。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/13366334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L3M0N at 2010-04-10 05:13
そっか、このハンバーグは次子ちゃんの愛の結晶だったってわけね。
プラスされた分、かたちがこうなったのかもね。

Commented by senbe-2 at 2010-04-10 16:59
レモンちゃん、
大きさのことばかり書いていびつになった理由を書いてなかったね。
いびつになったのは丸め方が悪いだけ。(笑)
丸めてから押しつぶすとふちが割れるでしょ。
大き過ぎて押しつぶしたのを手で持ちきれなかったんだね。
だから割れたまま。(笑)こどもたちは形なんか見てないからね。
常に量にしか目が行かないらしい。(笑)
Commented by とん at 2010-04-13 09:12 x
なんだかいい光景だねぇ^^。涙が出るくらい。

次子ちゃんの優しいお祝いの気持ち、それをまっすく表現しないこと、どっちもいじらしいわ~。兄弟姉妹ってやっぱりいいなぁ~と思います。
↑の次子ちゃんの行動もすごいね。お母さん代わりをちゃんとしてくれる頼もしいよ。本当に中学2年生?って思ってしまったわ。自分の行動でお母さんが喜んでくれたのが次子ちゃんにとってもすごい幸せなんだね。
senbeちゃんの家族は愛があふれていて素敵です^^♪。
Commented by senbe-2 at 2010-04-13 11:48
とんちゃん、
次子の性格、わかるでしょう。いつもこんな感じ。
長子は直球勝負な子だから、ぶつかることもよくあるよ。
でも、家のなかに自分とは違う考えの人間がいて、
勉強にはなってるかもしれないね。

夜の外出の日は、ほんとに次子には感謝したよ。
親たちだけおいしいもの食べるって言うことだけでも
ずるいって言ってもおかしくないのに、
私なら自分も連れてってって言ってたかもしれないよ。
私よりこどもの方が考え方はずっと大人かもしれない。
by senbe-2 | 2010-04-10 00:04 | 料理 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧