上映会がありました

日曜日、近隣の町(田舎ですが)で映画の上映会がありました。

映画は「1/4の奇跡」と「宇宙の約束」

午前に1本、午後から1本と、なんと1日で2本も。

荒っぽく内容を説明すると、養護学校の先生が、
子供達とのふれあいを通して感じた宇宙の真実を、
わかりやすくまとめたもの。

この世にあるものには全て意味があり、
無駄なものなど一つもない。
これはよく言われることだけど、
それは科学的にも証明されつつあると。
人間も宇宙の一部である。
人間がみんな一緒なら絶滅の危険が高いけれど、
その危険を回避するために、違う人間がいるのだと。

まだ自然とともに生きていた古代の人間は、
今の人間よりもっと宇宙に近い存在だったのではないか。
ナスカの地上絵をどうやって描いたのかは今でも謎のままだけど、
障害を持っているとされる子の中には、
今、目の前に見えている状況ではなくて、
高い空から見た絵が描ける子供がいる。
子供が運動場に何やら大きな線を描いている。
その絵を後から見ると、きれいな正方形になっていた。
などなど・・・・。

現代の人間は宇宙の意思と遠く離れてしまっているんじゃないか、
もっと自然に生きることで、少しでも人間として生きる力を高めることが
できるんじゃないか・・・。

映画自体は難しい内容ではなく、涙がいっぱい流れてしまう、
感動のドキュメンタリーでした。


映画の間に主催者の方が用意してくれたランチが、最高だったの。

f0088647_0272132.jpg

f0088647_028669.jpg


黒米入りごはんと野菜のカレー
ひじきとマカロニのサラダ菜の花添え
お豆のサラダ

どれもおいしくて、おいしくて、おかわりしちゃいました。

これで、300円ですよ。
主催者の若い女性、彼女がお一人で作られたようです。
もう、感動でした!
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/13048572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L3M0N at 2010-03-10 20:12
とてもいい時間を過ごせたみたいだね。
アンテナがこういう方向に向いているのね。
そしたらバシャールなんかも好きかもしれません。

安くておいしくてうれしいランチだったね。
300円でおかわりしてちゃ、だめじゃん!(笑)
いや、でもきっと、アットホームな雰囲気で、たくさんあるからどうぞどうぞって感じだったのだよね?
こういうの、せんべさんちの家族もおいしく食べられるなら似たようなメニューをやってみてもいいかもしれない。
一般的に女性受けするメニューってのは、家族にはいまいちだったりすることも多いけれど、でもこればっかりはメニューによるよね。
作った彼女も、たくさん喜んでもらえて、うれしかったと思う。
Commented by senbe-2 at 2010-03-11 12:33
レモンちゃん、
バシャール、初めて聞いたよ。
人間の中には本質的なことが見えたり、考えることで普通では感じられないことを感じたりできる人がいるんだね。
ちょっと本を読んで見ようと思います。

ランチ、こういうのを作ってみんなに提供したってのがえらいと思うの。会場になった施設で働いている若い女性だったけど、
他の職員はその人の親世代のおじさんばかり。
あまり理解してもらってないんじゃないかと思ったよ。
一人で頑張って謙虚に食べてくださいって勧めてくれるけど、
それが私にはすごくおいしくて、こんな料理をする人が、
ここにもちゃんといるんだってことが嬉しくて、
全部食べたい気持ちだったの。
え〜売り切れたの?そんなにおいしいなら、
わしも食べたいなっておじさんに言わせてみたい、って気持ちです。
作り方教えて欲しいって思うくらいおいしかったのよ。
by senbe-2 | 2010-03-09 01:28 | 映画 | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧