長子の誕生日

長子の誕生日の朝、夫が出勤した後、

末男が、「お父さん、今日が長子の誕生日やって、覚えてるかな〜」とつぶやいてた。

おう、末男はお姉ちゃんの誕生日を気にしてくれてるんや、

母としてはちょっと嬉しい気分に。

お父さんがプレゼントを用意してないのではと心配もしている様子。




夕方、近くのコンビニへプレゼントのお菓子を買いに出かけていた。

自分としては最高のプレゼントをチョイスした末男、

自信満々で帰宅。

冷蔵庫にこっそり入れたのはチーズスフレケーキ、それも3個入り。

その上、グミも一袋ついている。コミック1冊分より少し高いくらいの金額。

決まったお小遣いを渡していないので、これは以前祖父母から貰ったお小遣い。



そして、誕生日のお祝いが始まった。
f0088647_12471528.jpg


この後、みんながプレゼントを渡した。

次子もお菓子。

長子が好きなチロルチョコをいっぱい。

次子がお父さんに☎を入れて、プレゼントも必ず買ってくる様に伝えたものだから、

父さんは、目一杯豪華なお菓子を買って来た。

その上、「15歳の誕生日は盛大に祝わなあかん」と

クラッカーも用意してくれていた。

私からは、鋳物製のエッフェル塔と

チェコの絵本のキャラクターが表紙になっているノート。

どちらも先日の神戸ぶらりでみつけた。

そう、私以外からはみんなお菓子だった。


自信満々の末男は自分のプレゼントが何番目に嬉しいかを聞きたがった。

私だったら、恐くて聞きたくないところ、どうして子どもというのは

そんなことを聞きたいと思うのだろう。

長子も答えに困り、言いにくそうにしているが、

末男が1番は?2番は?としつこく聞くものだから、

なんとなくその度に返事を返す。

結局、末男は最後になってしまったのだ。

それを聞いた末男、その場にうなだれる。

ああ、どうしよう・・・と女3人ウロウロするが、

どうすることもできなくて、彼はうなだれたまま、

「おやすみ」とひとこと残して、自室へ向かった。


翌朝、昨夜のことを思い出させるのはどうかなとも思ったが、

母として気持ちを伝えておきたかったので、

末男が長子の誕生日を気にしてくれていたことが、母はとても嬉しかったこと。

5番目になってしまっても、悪い言葉を一つも言わずに、

我慢したことはえらいということを寝ぼけ眼の末男に話した。



そう、誕生日の夜は、ちょっと気まずいことになってしまったけれど、

みんながあったかい気持ちで長子の誕生日を祝ってくれて、

母はしあわせだったのです、とても、とても。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/12426582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L3M0N at 2009-12-03 18:32
長子ちゃんが15歳ってことは、今年(この冬)受験だっけ?
いや来年か?

プレゼントを用意するっていっても、同じ条件じゃないし、比べられないよ。
でもみんなでたのしく誕生日を祝えてよかったではないの♪
ほんと、子どもってやめときゃいいことやっちゃったり、それにまあ、今回のは違うけどかなり残酷なことも多いよね。(笑)
Commented by senbe-2 at 2009-12-03 19:13
レモンちゃん、
ええ、受験生ですよ。
それもかなり追いつめられてます。(笑)

この日は期末テストが終わった日で、
テストは終わった、でもまだ返って来ていないという、
最高の夜だったのです。気分も開放的になり、
プレゼントもたんまり(友達からもたくさん貰ってた)もらって、
ほんとに幸せそうだったよ。

小学生の間は先を考えず、思ったことをそのまま実行するからかなあ、
残酷なことってあります。
笑って終わればいいけれど、まじめに受け止めるとつらいです。
そうやって大人になるんだねえ。
Commented by yukarim at 2009-12-04 11:13 x
末男くんは、いつも当たって砕けてるんだね(笑)
お姉ちゃんも正直すぎておもしろいよ。

うちは姉弟でプレゼントし合う習慣がないし、プレゼントは親からひとつで、当日手渡しってことにも拘らなくなってきたから、つまらないかも。
ハッピバースデーも歌ってくれなくなってきたし。

それでも、お姉ちゃんから見ると弟の言動はおもしろいらしく、うちに末男くんがいたら、お姉ちゃんはとても喜ぶと思う。
うちのお姉ちゃん、私より大人っぽいとこあるから、幼いっていうのは、見てておもしろいらしい。
猫も可愛い可愛いって眺めてるし、遊んであげるのがうまい。ご飯中にうんちすると一目散に逃げるけど。

弟ってペットに近いのかも。

Commented by senbe-2 at 2009-12-04 22:49
yukarimちゃん、
あたって砕けるって表現は当たってる。
ただ本人は、一か八かではなく、変な自信があるんだよ。(笑)
絶対の自信を持って挑んでるのに、結果が予想外で愕然とするの。
それでも笑ってすませてくれたら、こっちも楽なんだけど、
落ち込むから気を遣うよ。

yukarim家のお姉ちゃんは大人だね。
うちはかわいいなんて思ってないよ。
対等に張り合ってます。
末男はおだてたら木に登るタイプだから、
かわいがればペットにもなるはずです。(笑)
Commented by とん at 2009-12-06 11:13 x
兄弟姉妹っていいなぁ・・。と読んでいて思いました。
senbeちゃんとこの子供さんはお互いに思いやりがあって、
ちゃんとこんなふうに表現できるものね。
またsenbeちゃんが、いつもそういう場をとても大切にお膳立てをしているのもエライなぁって思います。
↑の末男くんの、当たって砕ける・・には妙に納得したのだけど、
こんな状況があった後の親としてのフォローの仕方は、私だとどうしていいのだか分からない・・・。だからsenbeちゃんの対応が思いやりのある子供さんを育てているのだと思いました。
Commented by senbe-2 at 2009-12-06 13:10
とんちゃん、
私も兄弟がいないから、時々はうらやましくなるよ。
喧嘩しながらもじゃれ合ってるからね。
誕生日はケーキを食べる一大イベントだから、
誰の誕生日も忘れることはないみたい。(笑)

末男がうなだれた時、私もどうしようかと思ったよ。
あまり引きずらない子だから、一晩寝たら忘れるんだけど、
嫌な想い出になると悲しいなと思って言ってしまったよ。
末男にはまだまだ愛情不足だと思ってる。
子育てって、3人目だからってうまくいかないね。(笑)
by senbe-2 | 2009-12-03 13:18 | 生活 | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧