こどもの日

この日、義母、末男、私の3人はちょっとお出かけした。

その帰り、川の土手を車で走っていると、

末男が「手長エビがおるから、行ってみよう!」と言う。

幼い頃から網とバケツをもって探検に行くのが趣味の彼は、

川を見たらうずうずしてくるようだ。

早く家に帰りたい私は無視を決めていたが、

義母が「今日はこどもの日や、って言うてみたら。」と末男に入れ知恵をする。



ああもう仕方ないなあ、と寄り道決定。

川に入ったとたんに、末男が大きなシジミを採った。

あさりより大きいくらいの大きなシジミ。

こんなに大きいのが採れるなら・・・と損得勘定丸出しの私の心が動いてしまった。

f0088647_93887.jpg


この後、私も靴を脱いでズボンの裾をまくり上げて、シジミ採りに参加。

他にもシジミ採りの家族はたくさんいた。

でも、最初の大きなシジミはなんだったのかと思うくらい採れない。

小さいのがたまに採れるくらい。

末男の心はエビでもなくシジミでもなく、カニに移動。

f0088647_96245.jpg


実は義母も磯遊びが大好き。末男が好きなのは血筋かもしれない。(笑)

末男以上にカニを追いかけていた。もちろん手際が良いので

どんどんカニを追いつめる。
f0088647_961728.jpg


小さいのもいた。
f0088647_963524.jpg

少し大きいのも。
f0088647_96489.jpg

もう少し大きいのも。
f0088647_965913.jpg

たくさん採れた。
f0088647_9153779.jpg



カニと少しのシジミたち、持って帰って、お味噌汁に入れた。

私は少し後悔した。

逃がしてやってもよかったのにと。

自分で手を下すとそれが必要か必要でないか、はっきりとわかってくる。

自分が生きるために必要なら自分に折り合いがつくのだ。

でも、必要以上のことをすると、どこかおさまりが悪い。
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/11000950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by minazuki-3 at 2009-05-07 10:12
楽しいよね、蟹や貝を採るのって。
好きです。
子供の頃には全く経験できない環境だったけれどね。
親戚の家や、旅行で経験したの。時間忘れるぐらい楽しかった。

何時も行く山には、沢蟹がいるの。
なかなかみつけられないけれど。(笑)
Commented by senbe-2 at 2009-05-07 13:56
みなずきさん、
子どもの頃の経験はたとえそれがたった一度でも心に強く残りますよね。今回も末男と義母が一緒に遊べたのがよかったって思います。
考えてみると、そうそう機会がないのですよね。

蟹はすばしっこいです。
そりゃ命がけですものね。
Commented by L3M0N at 2009-05-07 18:04
カニは逃がしてあげてもよかったかもね。
シジミは(途中からでも)それが目当てでとってたってことを考えるとまあいいとして。(笑)
でもいいじゃない、とってきて死んでしまったっていうよりは、こっちのがいいよ♪

いただいた穴子をおいしく食べられたってのはえらいよ。
せっかくだから、やっぱりみんなにおいしいって食べてもらえる方がいいものね。

しかしおばちゃんも川で元気だね。(笑)

そうそう、ゴーヤはうちのかあさんの畑、植えるのもあるけど、プラス自生するのもあるみたいで毎年すごくたくさん実るので、ほしかったらおばちゃんちにでも行ったついでにもらってくるといいよ。
この夏、たくさん実ったら...だけど、でも毎年すごいみたいだから大丈夫だと思うよ。
(かあさん、こわいくらいゴーヤ好きなんだよね(笑))
Commented by senbe-2 at 2009-05-07 22:18
レモンちゃん、
蟹はね、私もそう思うよ。

穴子はやっぱり癖があるのかな。
濃いめの味付けがいいみたい。
それか蒸して臭みを取ってから焼くなり煮るなりするといいかもね。
面倒だからこれからもそうするかどうかは別として。(笑)

母は好きだね。この日もそう元気ではなかったのに、
血が騒ぐっていうか、末男のためにってのもあったと思うけど、
積極的だったよ。(笑)

ゴーヤ、ありがとう。
うまくいかなかったらもらいに行くよ。
今日も少し肌寒くてね。もう少し暖かくなってから仕切り直しです。
by senbe-2 | 2009-05-07 09:32 | 遊び | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧