伊予柑ピール

また、伊予柑が届いたので、写真に撮りましたよ。
f0088647_1215272.jpg


左の方の二つ、デコポンみたいでしょ。(笑)

また、剥いた皮をナイロン袋にためてる私を見て、

次子が「またジャム作るの?」

ええ、作りますとも。(笑)


それから、前回の伊予柑の皮の残りで皮の甘煮を作りました。
f0088647_1217435.jpg


中には口が歪む程苦いのも混じっています。

そうでもないのもあるから、苦みは個体差が大きいってことですね。

炊く前に生皮を食べて、チェックするのも面倒だしね。

ロシアンルーレットだと思って、食べ続けてます。(笑)

夫は「日頃の行ないだよ。」と涼しい顔をして食べてますが、

きっと苦くても苦いって言わないだけだと、私はみてます。(笑)
[PR]
トラックバックURL : http://senbe.exblog.jp/tb/10512350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L3M0N at 2009-03-08 22:18
食べてるね〜。
伊予柑もこれだけちゃんと食べてもらえてうれしいと思うよ。
お砂糖はそんなに使われていないだろうけれど、たくさん量を食べたら同じことだから食べ過ぎないようにね。(笑)
でも、こういうのってついつい手がのびちゃうんだよね〜、あたしも。
Commented by minazuki-3 at 2009-03-09 09:53
苦味もいいのではないかと、食べていない私が思うのは。
安心して、皮も食べられる果物やお野菜はいいですね。
食べる方も作り手も、果物やお野菜も全ていいよね。

Commented by senbe-2 at 2009-03-09 18:38
レモンちゃん、
そうだね、甘さ控えめもたくさん食べたら同じだよね。
その辺が手作りの危ないところだよね。(笑)
ちょっと口が寂しいときに手が伸びます。
でも苦いのもあるから、大丈夫かも。(笑)
Commented by senbe-2 at 2009-03-09 18:50
みなずきさん、
苦みも限度がるよ。(笑)
ほろ苦いくらいはOKなんだけど、顔が歪むほどの苦さは食べづらいよ
。我慢できないこともないけどね。
無農薬って簡単そうだけど、なかなか難しいよね。
自然に生えてる草はその環境にマッチしたものが生えてくるけど、
農業は人工的な営みだから、無理があるよ。
だから、片手間ではやっていけないのだと思う。
私みたいな中途半端なきもちではなかなかいいものが収穫できません。(笑)
by senbe-2 | 2009-03-08 12:23 | 料理 | Trackback | Comments(4)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧