「ほっ」と。キャンペーン

こたつのない暮らし

冬の暖房器具といえば、我が家ではこたつが欠かせませんでした。
去年までは。

今年はまだ、こたつに電気を入れていません。
こたつを入れると、そこで冬中寝泊まりする人が現れるのです。
私もついついうたた寝をして、そのまま朝を迎えることがありました。
布団で寝た方が体にはいいはず。
そこで毎年、今年はこたつを出しませんよと私が宣言するのですが、
我慢できない誰かがさっさと出してしまっていました。
でも、今年は出したくても出せません。
布団が古くなったので、去年のシーズンオフに処分してしまったのです。

いまは主にストーブで暖をとっています。
寒い時にはエアコンを入れることもあります。
それでも足元が冷えるので、そんな時は、↓寝袋が活躍しています。
f0088647_17334187.jpg

始めは毛布だったのですが、シュラフの方が暖かく快適です。

これでみんながお布団で寝るようになったのか、
そこが問題ですが、残念なことに、
シュラフに包まって朝を迎える人がいます。笑









[PR]
# by senbe-2 | 2017-01-07 18:01 | | Trackback | Comments(2)

お正月に流行るもの

お正月になると我が家で流行るものがあります。

それはトレーニング。

ワンダーコアを買ったのは、いつのお正月だったでしょうか。
夫婦ふたりで買うことを決め、
やり続けられなかったら、その人が代金を払うと約束して購入しました。

夫は、始めから負荷をかけ、きっちりやろうとしましたが、腰が痛くなるという理由で早々とリタイア。
私は、続けることに意味があると、負荷をかけずにやっていましたが、
同志を失い、次第に遠のいてしまいました。

夫は払う気などない様子で、長く続けたわたしの方が払うのも納得いかないと、
支払いは家計で負担しました。ワンダーコア自体は、洋服掛けになり下がっています。

さて、本日、夫と末男は雑誌Tarzanを見ながら、筋トレを始めました。
私もやった方がいいよと勧められて、
先ほど、スクワット10回・腕立て伏せ10回・体幹トレーニング30秒を
3セットしました。
筋肉がプルプルして、しんどかったです。

さあ、この流行はいつまで続くでしょうか?
そのうち、夫の帰りが遅くなり、なし崩しでやらなくなるのではないかというのが、
私の予想です。






[PR]
# by senbe-2 | 2017-01-05 21:15 | 生活 | Trackback | Comments(2)

みんなで遊ぶ

今年のお正月に、我が家で流行ったゲームは、何と言ってもワードウルフだ。
皆さんはご存知だろうか。

スマホのアプリにワードウルフというのがあるらしく、
お題がスマホの画面に提示される。
参加者は一人一人に別々にお題を確認するのだが、
実は一人だけ、他の参加者とは違うお題が提示されるのだ。
別のお題が提示された人がウルフになるのだが、
ウルフ自身も含め、参加者は誰がウルフかはわからない。

例えば、「幼稚園」というお題がみんなに提示されるのに、
ウルフだけには「小学校」というお題が与えられる。

ゲームの目的は、誰がウルフかを当てることだ。
参加者は、お題について、連想することを発言するのだが、
あまりドンピシャな発言をしてしまうと、
ウルフが自分とは違うお題だと気付いてしまい、
ウルフは自分のお題を隠して皆に話を合わせようとし始める。
そうなると誰がウルフかはわからなくなってしまう。

まんまと隠し通せたら、ウルフの勝ち。
皆がウルフを暴けたら、皆の勝ち。

制限時間は、3分から4分。
やり始めたら、次々やりたくなってしまう。

大晦日の夜、久しぶりに揃った3姉弟は、夢中になりすぎて、
朝を迎えていた。



[PR]
# by senbe-2 | 2017-01-03 17:17 | 遊び | Trackback | Comments(2)

あけましておめでとうございます

ここ数年、更新が少なくて、申し訳ありません。
読んでくださっていた方たちも呆れておられることでしょう。
たまにのぞいてもらって、読んでもらえたら嬉しいです。
今年もよろしくお願いいたします。
f0088647_09385773.jpg
f0088647_09385890.jpg
おせち料理を作りましたよ。

結婚して十数年間おせちは作らず、あっちの実家、こっちの実家を渡り歩いてご馳走になっていました。
その間に子どもたちは大きくなっていきました。
ある時、ふと、私の中で、このままではいけないんじゃないかという思いが湧いてきました。
お母さんがおせち料理を作らなかったら、子どもたちは作らないんじゃないだろうか。
私の母は作っていたのに、それを見ていた私が作ってないなんて、
何かひとつの文化を途絶えさせているのではないか、
いやそんな大袈裟に思う必要はないかもしれないけれど、
普通に作っている様子を見せておかなければいけないんじゃないか。
そんな思いに駆られて、ある年から作ることにしました。

大晦日は夫の実家へ、元旦は私の実家へ行くという習慣は変わりありませんが、
元旦の朝、一応みんなでおせちを囲む習慣ができました。
その後は、おせちを実家まで持って行き、そこで食べつづけます。

まだ、レシピはあっちの切り抜き、こっちのネット検索、とあれこれ見ながら作っています。自分の味を完成させて、もっと段取りよく作りたいです。
なんせ、十数年間怠けていましたから、経験不足です。

上の写真にあるさつまいもは、栗の代わりです。
毎年秋に栗を買って、皮を剥いてから冷凍しておくのですが、
昨年は買いそびれてしまいました。
その横の隙間にはかずのこが入る予定です。
まだ味がしみてなくて、冷蔵庫で待機中でした。



[PR]
# by senbe-2 | 2017-01-02 10:15 | 料理 | Trackback | Comments(2)

餃子の日

今日は日曜日。
仕事へ行く前に、少し時間があったので、晩ご飯の餃子のネタを仕込んでおいた。
少しでも下ごしらえをしておくと、帰宅してからの時間が短縮できる。
できない日も多いが、土日はお弁当に時間を割かれない分、できることが多い。

帰宅後、さあ、餃子を包もうかと冷蔵庫を開けると、
目の前に、餃子が並んでいた。
それも美しく包まれた30個がきちんと整列している。

私は自慢じゃないが、餃子包みの速さにかけては、誰にも負けない自信がある。
ここ20年ほど、毎回90個の餃子を1人で包んできたのだ。(以前は個数を稼ぐために小さい皮で沢山作っていたが、最近は食べる人も減ったし、大きめの皮で作ることにしている。)
中国人の主婦にだって、速さだけは負けないんじゃないかと思う。
競争したことはもちろんないけど。
でも、美しさでは、たぶん最下位レベルだ。

ところが目の前にある餃子は、とても美しい。

包んでくれたのは末男だった。
包んでくれと頼んだわけでもないのに包んでくれたのが嬉しくて、
思わず涙がこぼれそうだった。

f0088647_22051713.jpg
このまま綺麗な餃子を眺めていたい気分だったが、
生では食べられないので、焼くことにした。
f0088647_22060095.jpg
いつもは水をかけて焼くが、今日は半分だけ片栗粉を溶いた水を使って焼いてみた。
以前から、羽根つき餃子が食べたいと言っていた末男のリクエストに応えたくて。

f0088647_22060174.jpg
今日は夫が丹波の黒豆の枝豆を買ってきてくれていた。
大粒の丹波黒はもっちりと美味しかった。

末男が包んだ餃子と夫が買ってきてくれた枝豆をアテに飲んだ
ビールの美味しかったこと。


ごちそうさまでした。そして、ありがとう。






[PR]
# by senbe-2 | 2016-10-23 22:04 | 料理 | Trackback | Comments(6)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧