可愛いパッケージ

f0088647_20050006.jpg
お友だちから紅茶をいただきました。
それがね、とっても可愛いのです。
包み紙も可愛かったのですが、それは再利用するために綺麗にとってあります。
赤い箱の中に、ピンクのうさぎちゃんの箱と青いお日さまやお月さまが描いてある箱が
収まっていて、その中に、これまた可愛いイラスト入りのティーパックが入っています。
f0088647_20031940.jpg
紅茶は3種類。
ラベンダーとバニラのナイトティー、
ライムとローズマリーのモーニングティー、
ピーチティー。
まだナイトティーを飲んでいないのだけれど、
モーニングティーとピーチティーは、ほのかな香りの紅茶で、
飲みやすいです。

箱を何に使おうか、まだいい考えが浮かばないけど、
これは捨てられそうにないな。
さすがに、ティーパックの袋は捨てています。(^.^)




[PR]
# by senbe-2 | 2017-06-24 16:55 | いただきもの | Trackback | Comments(0)

土曜日の朝ごはん

f0088647_20540857.jpg

パンの買い置きがなくなったので、土曜日の朝ごはんはホットケーキに。
久しぶりだったけど、美味しく焼けた。
ちゃんとレシピメモを見て作ったからね。

その代わり、お昼ご飯は手を抜いた。
写真遠くに写ってるお弁当箱と保存容器の中身はチャーハン。
それとカップ麺で。出勤する夫と私の分。

まだ家族(主に末男)から、簡単弁当でもいいよっていうコメントをもらってないが、
末男は家弁なので大丈夫。





[PR]
# by senbe-2 | 2017-06-18 10:33 | 料理 | Trackback | Comments(2)

久しぶりのメバル

夫がメバルをもらってきてくれた。
釣りたての新鮮な魚だ。
それも鱗や内臓を取り除いて、しっかり氷に包まれてやってきた。
ありがたい。
現在の家族構成も理解してくださっているので、
ひとり2尾で、計8尾。
私は切り目を入れて煮るだけ。

f0088647_21221927.jpg



f0088647_21222024.jpg
メバルの煮付けなんて、食べるのも久しぶり。
夫が釣りに凝っていた頃は、食べる機会も多かったが、
最近は忙しいからか、体力の関係か、もう長く釣りに行っていない。

Yさん、ありがとう。
美味しかったよ。

肉か魚か、どちらかしか食べられなくなると言われたら、
さあ、どちらを選ぶだろうか。
魚のような気がする。
その割に、肉の比率が高い我が家の献立だが。


[PR]
# by senbe-2 | 2017-06-14 21:39 | いただきもの | Trackback | Comments(2)

こんなおべんとうなら...

f0088647_23133976.jpg

これは、日曜日のお弁当。
この日は私だけがお弁当で、家族は家で食べるという予定だった。
じゃあ、野菜炒めでもしておけば、あとは適当に食べてくれるだろうと、
自分の分だけ詰めた。
と言っても、お皿に盛る野菜炒めを、弁当箱にザザッと入れただけ。
ご飯を入れて、ちりめんじゃこと明太子をのっけた。

何て簡単なんだろう。
作ったのは野菜炒めだけだ。
毎日もこんな弁当だったら、どんなに楽なんだろう。
明太子が、多すぎて、塩分過多じゃないかとか、
明太子を生で弁当に詰めて、食中毒を起こさないかとか、
ツッコミどころはあるが、美味しかったから良しとしよう。

お弁当をもっと楽に作りたい。
お母さんの願いですよ、家族の皆さん、
もしこれを読んだら、感想を聞かせてね。

おれ、これでオッケーやで!
なんて感想をいただけると、嬉しい。



[PR]
# by senbe-2 | 2017-06-13 23:56 | 料理 | Trackback | Comments(2)

バスに乗って


電車の駅が遠い我が家。
最寄りの駅まで自転車で15分。
出かけたい方面によっては、その駅を利用することもあるが、
ちょっと遠出をしたい時や、西向いて出かけたい時は、
その路線は使えない。
そして、車で10分位の別の駅へ行くことが多い。
でも、今日はバスで行ってみることにした。
自治体が運営しているコミュニティバスだ。
1時間に1本程度のバスだが、値段はすこぶる安い。
どこまで乗っても100円。
以前も使ったことはあるが、なかなかバスはやって来ず、
乗りたい電車に間に合わなかった苦い経験から、遠のいていたが、
今日は、特に約束がある用事でもなかったので、
遅れたらそれもよしという覚悟で乗ることにした。

f0088647_01180818.jpg
バス停からの風景。いいお天気だ。


f0088647_01180807.jpg
バス停も可愛い。
日差しを遮るものが無いので、日傘は必須だ。
乗り遅れたら1時間以上待たなければならないので、
気が急いて、早めに家を出たら、15分前にバス停に着いていた。

この日、バスは時間通り、というかちょっと早めにやって来た。
そうだ、そういうこともあるのだから、早めに出て来て正解だった。
乗り込むとお客は私ひとりだ。
目的地の駅までは15分位の乗車だが、その間に乗ってくるお客は誰もなかった。
駅に到着したら、運転手さんが、降りないんですか?と聞いてくれた。
そうだ、バスなんだから、降りたいバス停の1つ前で、「つぎ降ります」のボタンを押さなければいけなかったんだ。
乗り慣れないので、そんなことも忘れていたのだった。

職場で、このバスの話をしたら、
空気を運ぶバスって呼ばれてるんだよねと教えてくれた。

これは大変だ。乗らなかったら、このサービスも打ち切られるかもしれない。
みんなバスに乗ろうよ。でもたくさんの人が 乗ったら、バスは遅れて、電車に間に合わなくなるんだろうな、きっと。


[PR]
# by senbe-2 | 2017-06-12 07:17 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

日々の小さな幸せを綴っています


by senbe-2
プロフィールを見る
画像一覧